/ 2022.05.02

こんにちは、看護師ママのきりぬきです。突然ですが、皆さんは結婚記念日って何かお祝いされてますか?わが家は夫が昭和型(料理も洗濯も掃除も任せられないし子守りなんて論外タイプ)で、家でも常にママが家事と子育てに追われている感があり、出産後にきちんと結記念日のお祝いをした記憶がありませんでした。

が、今年は偶然に偶然が重なり結婚記念日に夫婦揃って有給を頂くことができたので、「たまには温泉でゆっくりしたーいっ( ̄д ̄)」というわたしのしつこい要望で、夫が都会のオアシスで有名なラクーアに連れて行ってくれることになったのです。

「いつも口ばっかりで家のこと何もしてくれないし、ハゲが悪化してきて家が毛で汚れるし、洗濯物しても服とか超臭いし、思いっきりワガママしてやろう…( ̄ー ̄)ニヤリ」と秘かな思いを抱いて、娘達を保育園に送り出した後、珍しく平日ふたりで出かけることにしました。

お化け屋敷でまさかの手繋ぎデート

ラクーアの営業時間は基本的にショップもスパも11時オープンなのですが、時間がもったいないということで、早めに行ってアトラクションを楽しむことにしました。普段は子どもと一緒に楽しめるまったり系ばかりだったので、主人が「これめっちゃ怖そうじゃない?」とゴリ推ししてきたのが”怨霊座敷”というお化け屋敷でした。

え、初っ端からそれなの!?と困惑しているうちに勝手にチケットを渡されてしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

お化け屋敷なんて大学生以来です。しかも注意書きに「キャストに触らないでください」と書かれていました。ということは、もしかして追っかけてくるの???嫌だそんな怖いの!!!

最初は乗り気だった主人も注意書きを見て引いたようでした。わたしが「先行って!先っ!」と強制的に主人に前を歩かせたのですが、

「ぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!」
「ひいいいぃぃぃぃぃぃっ!!!!」
「どれがキャストっ!?どれが動くんっ!?」
「もういややあ~(ノД`)・゜・。」

と、もう必死過ぎてふたりとも余裕ゼロ。久しぶりに仲良く手を繋いでひいひい言いながら何とかゴールしました。ゴールした後にふと主人の頭皮が冷や汗で光っていることに気づき、一緒に楽しむ気合いが伝わってきました。

時速130キロで青春を駆け抜ける

次に主人が推してきたのは”サンダードルフィン”でした。ジェットコースターも最後に乗ったのはいつだったか思い出せないくらい久しぶりです。絶叫系はわたしも割と好きなので大賛成でした。

が、雨がポツポツ降ってきたのです。「小雨程度なら別に気にならないよね~。」と余裕でおしゃべりしていたのですが、いざコースターが走り出すと、

「雨がぁぁぁ、痛ぃぃぃぃぃぃいいいいいい!!!」
「バチバチぃぃぃ、するぅぅぅぅぅっぅぅぅぅぅぅぅ~!!!!!」
「ひゃああぁぁぁぁぁぁぁああああああああ~( ;∀;)( ;∀;)」

と、またもやアトラクションをなめていたことを後悔しました。時速130キロで雨に打たれるとこんなに痛いのかと思い知らされ、スパに行く前にフラフラになるまで遊んでしまい、猛スピードで青春を駆け抜けた気分でした。

主人の頭皮が雨風にさらされて悲惨な感じになりましたが、全力で一緒に楽しんでくれていることに感動しました。

スパで温泉とおしゃれなバーを堪能

アトラクションだ後、楽しみにしていたスパがオープンしたのでさっそく温泉に浸かりました。長女はまだトイレトレーニング中ですし、次女はまだまだオムツが取れそうにないので、個室風呂付の温泉宿にでも行かない限り大きなお風呂でゆったりするなんて無理なんだろうな…と諦めていましたが、広々とした大浴場でリフレッシュできたのは本当にうれしかったです( *´艸`)

コロナで浴室での会話は禁止だったのですが、ひとり静かに入浴できて逆にリラックスできました。そして主人と合流して昼間からおしゃれなバーで乾杯☆お酒なんてずっとずっと飲んでいなかったので、弱めに作ってもらえるよう主人がお店の人に頼んでくれました。さり気なくエスコートされているみたいで照れます(∀`*ゞ)

注文したフランボワーズのモヒートは、甘酸っぱくミントの香りが爽やかでとてもおいしかったです。

清潔感のある快適なワーキングスペース

午後から主人がどうしても外せないリモート会議の予定があったので、スパ内のカフェで遅めのお昼ご飯を食べ、主人はワーキングスペースでリモートワーク、わたしはほろ酔い気分でヒーリングバーデに行ってみることにしました。

主人もわたしも「ワーキングスペースって、飲食店の隅っことかにあるのかなあ?」と、ネットに詳しく載っていなかったのであまり期待せずに見に行ったのですが、リラクゼーションスペースの中央に設置されており、ゆったりとしたソファ席もガッツリ仕切られたデスクも用意されていました。

スパゾーンは密にならないように入場者数に制限を設けているので、ワーキングスペースも十分に空きがあり好きな席を選ぶことができました。

仕事をしながら席でカフェやバーのメニューを飲食することもでき、館内の感染対策(衛生管理をしているスタッフさんが何人か巡回しているようでした)がしっかり行き届いていたので、おしゃべりのし過ぎや騒ぐような人たちも見当たりませんでしたよ。

主人も「めっちゃ快適や~♪」と、想像以上に治安が良く気に入った様子でした。

岩盤浴のあるヒーリングバーデで〆

というわけで、主人がリモートワークをしている間にわたしはヒーリングバーデに移動しました。南国のリゾートのような内装で、ラグジュアリー感満載。岩盤浴はどれもそれほど熱くなく、ポカポカして心地良く感じる程度でした。

わたしが今まで体験した岩盤浴のように、滝汗を流してデトックスするというよりは、高級床暖房でゴロゴロしながらリラックスする感覚です。今回は予習不足で参加できなかったのですが、岩盤ヨガ等のイベントもあるようでしたよ。

5種類の岩盤浴のお部屋の幻想的な雰囲気にもうっとり。保育園のお迎えがないなら、タイ式マッサージやロミロミをしてもらって、夜までここで寝ていたい気持ちになりました( ˘ω˘)スヤァ

しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、出口で主人と待ち合わせて「もう現実の世界に戻らなあかんのか…」と、帰路につきました。

会話が弾んだ帰り道

たくさん遊んだ帰り道に話したのは、自分の仕事に関する将来の夢や、これから先の子育ての方針についてでした。

いつもは時間にも気持ちにも余裕がなくて、ほとんど目の前のことしか話さないのですが、わたしが「子どもが中学生くらいになったら、T大学で乳がんのリンパ浮腫の勉強がしたいんだよね~。」「お受験してもしなくても、自分から調べたり考えることができる子になって欲しいなあ。」と話すと、主人も「好きな学校に行って好きなことしてくれたらええけど、勉強は一生モノやから、その土台を作ってあげられるような家庭環境にせんとねぇ。」と、子どもや家庭に対する思いに共感してくれ、どのような思いでお互いが今を過ごしているのか知ることができ(アホな遊び方もしましたが)、有意義な半日になったなあと帰り道の会話でしみじみ思いました。

こんなレアな会話ができたのは、お化け屋敷とジェットコースターでふたりで絶叫して、一緒におしゃれなバーと温泉でに入って、非日常的なワクワク感が味わえたからだと思います。

最初は「思いっきりワガママしてやろう( ̄ー ̄)ニヤリ」と、自分が楽しませてもらうこと中心に考えていましたが、途中から「もっと一緒に楽しみたいな」という気持ちに変わることができたのも、一緒に笑った方が楽しいと感じられる心のゆとりが持てたからです。

恋人でも夫婦になっても、思わず笑っちゃうような楽しい時間を共有することって大切なんですね。結婚記念日に夫婦円満にしてくれたラクーアさん、大変お世話になりました。また夫婦仲が険悪化してきたら伺うことになると思いますが、またリフレッシュさせて頂けると助かります。よろしくお願いいたします<(_ _)>

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
きりぬきさん 年子姉妹ママと病院勤務ナースの二刀流☆

1歳(女)2歳(女)。おちび達の成長に合ったニーズを把握し、エビデンスに基づいた育児が実践できるよう日々格闘中。近い将来の夢は親子で女子会&恋バナを聞かせてもらうこと♪

きりぬきさんの記事一覧 v-right