期間限定、今だけおトクな秩父漫遊きっぷを利用して秩父へGo!

ご存知でしたか?

2022年7月22日(金)~2023年3月10日(金)まで
池袋~西武秩父
おとな(中学生以上)通常価格:2,230円→応援価格:1,590円
ちなみにこども(小学生)は通常価格:1,120円→応援価格:800円

おトクな割引乗車券とクーポン券がセットになった秩父漫遊きっぷが発売されているんです。

3つのおトクがついてます

おトク1:西武線発駅~西武秩父駅間の往復運賃が割引、高麗~西武秩父駅間が2日間乗り降り自由

おトク2:『西武秩父駅前温泉祭りの湯』で使用出来る温泉エリアの入館券やフードコートのお食事券、秩父エリアのバス利用等6つの特典から一つ選んで利用可能の漫遊得クーポン付。

おトク3:協賛施設、協賛店での割引特典

今回はそのおトクな割引乗車券を利用して秩父に一泊二日の旅へ行ってきました。

ランチは西武秩父駅前温泉 祭の湯にて漫遊得クーポンをフードコートのお食事券として利用

西武秩父駅にて早速、漫遊得クーポンをフードコートの食事券として利用。

大人は漫遊得クーポン1枚につき950円分の食事券として利用可能、小児は480円分の食事券として利用可能です。

唐揚げ、醤油ラーメン、くるみたれそば、炙り豚味噌丼を注文。

食後のデザートにジェラートもいただきます。

古民家宿に向かうがてら、秩父の街を散策。

モダンな建物が残る番場通り

近ごろは『昭和レトロブーム』と言われていますが、秩父神社への参道である番場通りにはモダンな建物が残っており、まるでタイムスリップしたかのような街並みに出会えます。

秩父には何度か訪れたことがありましたが、レトロモダンな秩父の参道と言われている「番場通り」の存在を今回初めて知りました。

ゆったりした時間を過ごす古民家宿

西武秩父線の御花畑駅から「秩父神社」へと続く表参道や秩父神社もほど近い場所に2か所で構成された宿泊施設 『NIPPONIA 秩父 門前町』。

私たち家族が利用したのは、築約100年の「マル十薬局」を改修したフロント棟「MARUJU棟」になります。

古民家と言うものの、リノベーションしており、非常に快適な空間でした。

部屋にはヒノキ風呂があり、温泉ではありませんが、ヒノキの香りが大変心地良く、夫はこのヒノキ風呂が大変気に入ったようです。

足も伸ばせるほど、広いのでのんびりと入浴出来ます。

天井も大変高く、開放感がありました。

子どもたちも宿で一番広いお部屋だったこともあり、大喜び。

古民家なので、音が筒抜けになるので外の音が気になるかもしれないとのことでしたが、私はそこまで気になりませんでした。

時計やテレビがないので、時間を気にせずのんびりと過ごせました。

夕飯は 地元の旬の食材をふんだんに使った創作フレンチ

事前に宿から子どもたちの宿泊の際の食事に関して連絡が来ます。

今回は次女と三女に関しては夕飯はワンプレートにて提供していただきました。

中学生の長女と大人は夕飯は 地元の旬の食材をふんだんに使った創作フレンチになります。

一品一品提供される料理。久しぶりにゆっくりと食事を味わえました。

次女も三女もワンプレートの食事、おいしかったようで大好きなハンバーグがあり、喜んでいました。

目の前に小さな日本庭園があり、今の時期はコオロギやスズムシの音色を聴きながら食事を楽しめるのも風情があり、よかったです。

朝食は釜で炊き上げたごはんと小鉢に彩られた12種類のおかずが登場

釜で炊き上げたごはんと、地元食材を使用した12種類のおかずが小鉢に彩られて、どれから食べようか迷っちゃいます。

普段、食の細い次女も釜で炊いたご飯はとてもおいしかったようで、おかわりしていました。

これぞ、ザ・日本の朝ごはん!

子どもたちも貴重な経験が出来た古民家宿

普段、親も子どもたちも慌ただしい日常生活を過ごしているので、時間を気にせずにのんびりと過ごせるレトロな空間が心地良かったです。

子どもたちも『また行きたい』と何度も言っていました。

今回は台風も接近していたこともあり、途中下車して、観光などは出来ませんでしたが、またぜひ、訪れたいです。

たまには古民家宿で家族みんなでのんびり過ごしてみませんか

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆずミン♪さん 『3姉妹あるある』なら、おまかせ!自身も3姉妹の3姉妹ママ

11歳(女)、7歳(女)、5歳(女)。
癌サバイバーを経た3姉妹の長女が3姉妹の母となり、気がつけばワーキングマザー歴10年。現在は夫婦それぞれ習い事等で自分磨きに勤しむ余裕!?も。
ワクワクするようなライフハック情報をお届け出来たら嬉しいです。

ゆずミン♪さんの記事一覧 v-right