/ 2022.11.27

具材を煮詰めてミキサーなどにかけたとろみのあるポタージュ。なめらかなスープ状で、子どもでも野菜が食べやすいのが魅力ですよね。

コーンポタージュ、ヴィシソワーズ、ほうれん草ポタージュ、ニンジンポタージュ、カボチャポタージュなどなどさまざまなバリエーションが可能ですが、メインとなる具材の他にタマネギを入れるのが一般的ではないでしょうか。でも、わが家でポタージュを作る時はあまり使いません。

ポタージュスープにタマネギ代わりに入れる具材は…エノキ!

エノキって一年を通して価格が安くて家庭にとってはなかなかありがたいお助け食材ですよね。でも、「噛みきれない」と子どもたちからは不評なんです。そんなエノキも、ハンドブレンダーで粉砕してポタージュにしてしまえば子どもはおいしく食べてくれます。しかも、旨みも強く粉砕するとトロミもつき、ポタージュにぴったりなんです。

成長期の子どもたちには、できればいろいろな食材をバランスよく食べてもらいたいもの。タマネギならほかの料理に入れても食べてくれるので、私はスープは断然エノキ派です。

エノキポタージュスープの作り方

エノキポタージュスープの作り方は簡単です。

<エノキのポタージュスープの材料>
・エノキ(適量)
・その他の入れたい野菜(ほうれん草、人参、じゃがいもなど)
・牛乳(適量)
・固形コンソメ(1個)
・塩

<エノキのポタージュスープの作り方>
1.テキトーに刻んだエノキと、ほうれん草や人参などほかの入れたい野菜を鍋でよく炒め柔らかくする

2.牛乳を加えひと煮立ち

3.コンソメを加える

4.ハンドブレンダーで粉砕する

5.塩で味を整える

エノキをカットして冷凍しておけば包丁いらずで旨味もアップ

エノキは日持ちしないので、私は購入してきたら適当な大きさに刻んで冷凍しています。ほかの具材も冷凍ほうれん草などを使えば、包丁を一切使わずにスープが作れて便利です。

また、エノキは冷凍したほうが旨味が増すそう。なんでも、冷凍して解凍する際にエノキの細胞が壊れ、旨味をより感じられるんだそうです。平日の調理の時短にもなるし、冷凍エノキを使ったスープはおすすめです。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
猫間まみさん

2度目の育休復帰に挫折。ウエスト症候群のムスコ(5歳)の成長を見守りつつWEBライターに挑戦中の2児の母(自画像ネコ)。特技(?)のズボラ家事で時短しつつ、しっかり者のムスメ(8歳)と会社員のパパ(画:ひつじ)とともにゆかいにくらしています。

猫間まみさんの記事一覧 v-right