/ 2020.07.17

自粛期間中の食生活がひどかった…

自粛期間、私の食生活は荒れてしまいました…。諸悪の根源は、大好きなお酒…。毎日大好きな缶チューハイを飲んでいました。すると、おつまみにも手が…。あぁ…情けない。

月曜日からダイエット! 
5月1日から!
次の月経の後!
と、キリのいいタイミングを決めてダイエットをやろうと思って現実逃避するも、結局実行せず…。まさに”明日やろうは馬鹿野郎”。ダイエットを延ばし延ばしにしていたら、あるとき息子が…。

「顔は小さいのに腕が太いから、お母さん、春日みたいだね。」と屈託のない笑顔を添えて…これで一念発起!ダイエットすることにしました。

私の強い味方!酵素ドリンク!

楽天市場などで販売されている「コスミックエンザイム」で取り組みました。楽天市場のダイエットジャンルでよくランクインしているのでご存じの方も多いはず。レビューも非常に多く、評価も高いです。

私はこの酵素ドリンクでファスティングダイエットを、これまでも1~2年に一度くらいやっています。数年に一度でも、ダイエットはもちろんのこと、健康や食生活を見直すいい機会になると思っています。酵素ドリンクは高いイメージがありますが、こちらは比較的お安いです。

と・は・い・え…3本買っても1万円以上するので、「お金かけたんだから、頑張らなくっちゃ!キープしなくっちゃ!」という思いに自然となります。

今回も1週間ファスティングコースで頑張りました

ファスティング生活前は私にとっては、もうお祭りです!脂っこいもの、甘いもの、食べまくります。大好きな唐揚げいくつ食べたかしら…?だって、しばらく食べられなくなっちゃうんですもの、しばらく頑張るんですもの。そして、いよいよ1週間スタート!

こんな感じで口にするのは、基本的には、酵素ドリンクとお昼の玄米ご飯だけです。つらそう…と思われるかもしれませんが、私の場合は(※個人差があります)、つらいという思いがほとんどなく、それよりも、「頑張っている私すごい!」という自己満足?自己陶酔?の方が大きかったと思います(笑)。

酵素ドリンクの味もあまくておいしいので、お菓子が食べたいなんて思うこともなかったです。何より、規定のもの以外を口にしたら、これまでの頑張りが水の泡ですから、そんなこと考えもしません。

「お母さん細い!」が最高の誉め言葉

すみません…わが家は体重計を置いていないので(これがそもそもよくない…)、「〇キロ痩せました」ということは言えませんが、明らかにお腹まわりのブヨブヨお肉が消えました。身体もすごく軽いです。息子も「細い!」と言ってくれました!春日返上です!

今は、ファスティング期間が終わっての復食期間。朝酵素ドリンクを飲んで、お昼は玄米ご飯を中心としておかず、サラダ、夜は酵素ドリンクとサラダを食べています。間食をしたいとも思わないので、暫くはこの状態を続けようと思います。

そして、土日は大好きなお酒解禁しようかな…ここまで頑張ったんだから、おつまみに手がいくことはないはず…!

一番の効果は子ども達にイライラしなくなった!

今回、酵素ドリンクダイエットを始めてから、前向きになれたり、イライラしなくなったり…、気持ちの面での効果が大きかったと思います。やはり荒れた暴飲暴食生活のせいで、イライラもしやすかったのかな…と反省。もちろん、因果関係を科学的に証明できることではないと思いますが、最近明らかに子ども達を怒っていない…!

ダイエットと話は逸れますが、怒らなくなったもうひとつの理由は、最近週に1冊は子育て本などを読んでいて、「ありのままを受け入れる」「叱らない、褒める」といった、なりたい母親像が自分の中で確立されてきたことも挙げられると思います。子育て本はこれからもどんどん読んでいこうと思います!

再三ですが、効果には個人差があります。また、説明書きなどをしっかり読み、正しいやり方で行うようにしてくださいね。

酵素ドリンクで心と身体をリセット!一石二鳥!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
がんプリママさん

6歳と3歳のやんちゃボーイズのかあちゃん。自作のプリントで毎日楽しい家庭学習を実践している “ゆるゆる英才教育ママ”です。やっぱり気になる幼児教育!!\楽しさの中にも子ども達にとって学びがある/そんな情報をお届け出来たら嬉しいです♪

がんプリママさんの記事一覧 v-right