/ 2022.07.02

折り紙ブームがやってきた!

こんにちは!nijikoです。4月で5歳になった娘に折り紙ブームがやってきました。折り紙ブームがやってきたことで困ったことやよかったこと、そして驚きの知育効果もありました。

折り紙は手先を使って丁寧に折らないと綺麗に完成しないので、4歳の頃は「綺麗に作れないからやらない」という感じで、あまり興味を示しませんでした。ですが最近は手先も器用になってきて、いつの間にか紙の角と角を合わせたり丁寧に折ることもできるようになっていました。

思い通りに形にできることがうれしいのもあって、色々な形を折るのがとても楽しいようです。

まずは簡単な紙飛行機から始まり「いろんなものを折りたい!!」という娘の希望に応えるべく、YouTubeで折り方を調べたり折り紙の本を見て折り方を教えたり、親の私たちも必然的に折り方を覚えながら教える日々です。

最近は折り鶴を頑張って折っています。私も折り方を忘れていたので本を見て折ったのですが、折り鶴って綺麗に作るのは結構難しい…こんなに難しかったっけ?と思いながら娘と一緒に折りました。

娘も苦戦しつつ、なんとか形にすることができました。まだ1人で最後まで折るのは難しいですが、これも何度も作るうちに折り方を覚えていくと思います。

↑娘が折った折り鶴です

折り鶴でおままごと

まだうまく折れない娘に頼まれて、たくさんの折り鶴を作りました。

娘はこの折り鶴たちを「折り鶴ファミリー」として、赤ちゃん、お母さん、お父さん、お姉ちゃんなど役割を決めて、私と2人でおままごとをしました(笑)。

娘にとってこの折り鶴たちは「鳥」で、独自の世界観のもとでやるおままごとなので、卵を産んだり池で遊んだりお花をみんなで見に行ったり・・・絵本のような空想の世界のおままごとを繰り広げていました。

私も頑張ってその世界観に合わせて役を演じました(笑)。子どものおままごとに付き合うのって、なかなか精神力が要りますよね!

折り紙ブームがきて困ったこと

【作品の保管】
折り紙ブームがやってきてからは、ひとつ覚えると同じものを何個も折るので、あっという間に同じものが量産されます。紙飛行機、パクパク、チューリップなどなど、同じものが家中に散乱しています(苦笑)。

どんどん増えるのですが、すぐに処分するのは娘にも悪いですし折り紙がもったいないので、しばらく飾ったり遊んだりしてお気に入りだけを残して処分するようにしています。

一応、立体作品を置く場所も作っているのですが、写真のように山盛りになっています。定期的に処分するものの、どんどん増えるのでまったく整理できません(笑)。ブームが終わるまではしばらくこんな状態が続くと思います。

【折り紙の消費が早すぎる】
作品をたくさん作るためと、お手紙を書く時も折り紙を使うことが多いので、多めに用意していたつもりでもすぐになくなってしまいます。最近は100均に行く目的が折り紙を買うためになっています(笑)。

【好きな色ばかり使う】
娘はピンクや紫が大好きなので、まずそれらの色から使います。そして茶色や黒など暗い色は好きじゃないので使いません。そのため50色セットのような折り紙を買うと毎回暗い色が残ってしまいます(苦笑)。

最近はダイソーなど100均でも単色折り紙が売っているので助かっています。

折り紙ブームがきてよかったこと

【成長が感じられる】
折り紙は手先の器用さや集中力も必要なので、それらが身についてきたことが目に見えてわかるので、娘の成長を感じることができてとても嬉しかったです。

また、普段ならあきらめたりすることも多いのですが、難しい折り鶴も最後まであきらめずに折ることができたのも嬉しかったです。娘も嬉しかったと思います。

【かわいい折り紙を使うのが楽しい】
個人的に「紙もの」が好きでセリアやダイソーなどでかわいい折り紙を選ぶのも楽しく、折り紙ブームは私も一緒に楽しめています。

【コスパがいい】
困ったことで「すぐになくなる」と書きましたが、それでも今は100均で買えるのでオモチャなどを買うよりも安く済みます。

オモチャは買ってもすぐに飽きてしまったり場所をとったりしますが、折り紙は作品以外は場所もとらず安く購入できて、折ることに飽きてしまってもお絵かきや切ったり貼ったりして工作に使えます。何より知育効果も高くてコスパが良すぎると思います。

折り紙は知育としても素晴らしい

折り紙は折るだけではなく切ったり貼ったりすることも楽しめますし、個人的には色彩感覚も養われると思っています。

最近驚いたことがありました。小学生の男の子が紙飛行機を折って娘にプレゼントしてくれたのですが、娘はその紙飛行機は初めて見る形なので当然折り方も知りませんでした。

ですが、その日の夜に「ママ見て!」と言って同じ形の紙飛行機を自分で作って見せてきました。娘はもらった紙飛行機を一度開いて、折る順番を理解して覚えて自分で折っていました。私も夫も本当にびっくりしました。

折り紙は知育としてもとても役立つ遊びだと確信しました。

もっと技術が身につけば様々な作品が作れるようになると思うので、ブームが終わっても遊びのひとつとして続けていきたいと思います。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nijikoさん

雑貨が大好きな37歳|フリーランス|関西在住|夫(優しさ200%)と5歳娘(可愛さ200%)の3人家族|ストレスフリーに生きてます|

nijikoさんの記事一覧 v-right