素敵な人の正体とは

こんにちは!nijikoです。私の家には、時々「素敵な人」が現れます。

その人は、私が「こうだったらいいなぁ」「これ困っているなぁ」「素敵な人、来てくれないかなぁ~」とひとり言を言うと、サッと現れて私の困りごとを助けてくれて、サッといなくなります。

例えば・・・朝ごはんを食べ終わった後、「食器をキッチンに運ばないといけないなぁ。素敵な人、今日は来てくれないかなぁ~。」と言うと、私が目を離した隙にいつの間にか食器がキッチンに運ばれています。

他には洗濯物が多くて畳むのが大変な時、「素敵な人、手伝ってくれないかなぁ~」と言うと、素敵な人がサッと現れてお手伝いをしてくれます。

素敵な人は、自分が遊んでいる途中でも私を助けてくれる、本当に素敵な人なのです。

そうです。それは私の娘です。

子どもはお手伝いが大好きですし、困っていたら助けてくれます。

以前は「これやって!」などお願いというより命令のような言葉を使ってしまっていたのですが、「素敵な人」に助けを求めるようにしてからは、娘は私をとても助けてくれるようになりました。

私はいつも素敵な人に甘えて、家事をお手伝いしてもらっています。

もちろん、素敵な人にならない時もあります(笑)。

朝のお着替えや、お風呂になかなか入らない・・・自分自身のやるべき事には「素敵な人」にはなれないようです。「ママとパパを助ける」という目的の時だけ、素敵な人になれるのです。

言葉選びで子どもの行動が変わる

この「素敵な人作戦」のように、普段の言葉選びで子どもの反応や行動は大きく変わるなぁと実感しています。

子どもを一人の人間として尊重し、言葉選びを変えることで子どもの反応も変わり、おかげでイライラする事はほとんどなくなりました。

特に朝の準備では時間がなくてイライラする事が多かったのですが、素敵な人が現れるようになってからは「娘も私のために行動してくれている」と思うと、その優しさがありがたく愛しく、私もそれに応えないと!と自分に喝を入れられるようになりました。

今でも時々、感情が先走って娘にキツイ言い方や言葉を使ってしまうこともありますが、そんな時は「ごめん!!今の言い方悪かった!!」とすぐに謝るようにしています。

娘はいつも「いいよ」と許してくれて、その寛大さにも頭が上がりません。そんな感じで娘に助けてもらってばかりです。

あっ!わが家にはもう一人素敵な人がいます。2人も素敵な人がいて、私は幸せだなぁと思う日々です。

あなたのお家にも素敵な人はいますか?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nijikoさん

雑貨が大好きな37歳|フリーランス|関西在住|夫(優しさ200%)と5歳娘(可愛さ200%)の3人家族|ストレスフリーに生きてます|

nijikoさんの記事一覧 v-right