忙しいママに変わって「カゴメ基本のトマトソース」におまかせ

中学生~保育園児の3人を子育て中のaacoです。

仕事に家事に!と両立も早10年以上!
私も手を抜くところ、頼るところ、諦めるところ(笑)と色々、自分が楽に楽しく家事と子育てができるバランスも取れてきました。

でも毎日の料理は、手は抜きたいけど、家族の健康や栄養のバランスを考えると1から手作りしちゃったり、買い物時に産地や添加物を気にしちゃいます。
そんな私が罪悪感なく手も抜けて、家族の健康や栄養も考え、しかもおいしい「カゴメ基本のトマトソース」に出合いました!

初めに聞いた時は「トマト缶なの?」と思い、売り場を通ってもスルーしていました。失礼しました・・・。

でも、今回、「カゴメ基本のトマトソース」を使ってみて万能ソースということに気づいたので皆さんにお知らせします!

ママの代わりにやってくれました!

私はトマトソースを作る時、ニンニクを刻んで、オーリブオイルで炒めて、刻んだ玉ねぎを入れて、カットトマト缶を入れて、煮込んでコンソメ入れて、塩コショウしてー

メインとかではなく、ソースなのに工程が長い!!!


でもね、「カゴメ基本のトマトソース」はその工程をやってくれていたんです!


原材料名を見ると、砂糖や食塩や香辛料も入っているので味もしっかり。

うちにある野菜と鶏肉で簡単!チキンと野菜のトマト煮込みを作りました。

2~3人前

【材料】

「カゴメ基本のトマトソース」1缶・いんげん2本・じゃがいも1個・オクラ2個・鶏もも肉1枚・ミックスチーズ適量、塩コショウ

【作り方】

①ナス、いんげん、じゃがいも、オクラをカットし、軽く素揚げする。

②1口大に切った鶏もも肉を塩コショウし、皮からフライパンで焼いていく。
あとでオーブン調理もするので、この時点では中まで火が通っていなくてもOK!

バランスよく、彩りよく

③スキレットなどの耐熱容器にカゴメ基本のトマトソースを少量敷きつめ、素揚げした野菜を周りにバランスよく並べる。

④中心に鶏もも肉をのせ、残りのカゴメ基本のトマトソースをかけ、ミックスチーズものせてオーブンで焼き目が付くまで焼く。

できあがり!

とろーりチーズがトマトとチキンと野菜と相性抜群!!

ご飯でもパンでも食事が進みます。

調味料としては、鶏もも肉を焼く時にした塩コショウくらいであとは何も入れてないのに、しっかりと味があり、本格的でレストランの味みたいに!

子どもたちと食べたら、
「今まで食べたチキンと野菜のトマト煮込みの中で1番おいしいよ!」

私の今までの苦労って・・・と一瞬なってしまいましたが、こんなに簡単においしくできるなら絶対これからも使いたいです!!

毎日の食事作りのバリエーションが急激に広がる!!

缶の側面にも10分で簡単にできるミートソースの作り方が載っていたり、「カゴメ基本のトマトソース」と検索するとたくさんのレシピが紹介されていました。

また、ぎゅってWebで開催、参加をさせてもらった「ママの夕飯づくりのお悩み座談会」では、クリームシチューに入れてリメイクすること!缶のまま生で野菜などにかけて食べる!など、目からウロコのおすすめの食べた方を、カゴメの管理栄養士の方に教えていただきました。

食材の組み合わせでいうと、トマトのリコピンは油性のものと一緒にとると吸収率がアップするそうです。

缶詰で保存もきくので、わが家では何個もストック中~!これさえあればOKだから買い物回数も減りました。

時間がないときに、「カゴメ基本のトマトソース」と〇〇ですぐ出来るものがたくさんあるのでありがたすぎます!

座談会のくわしい様子は「ぎゅってWeb」で公開しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

働くママの救世主!「カゴメ基本のトマトソース」でおいしく、時短で栄養も!

リンク一覧

PR: カゴメ

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
aacoさん

中2女子、小6男子、3歳男子を幅広く子育て中♪ お菓子作り、収納、100均が大好きです。 キャラケーキやアイシングクッキーを作ってイベントやお誕生日に楽しんでいます。 働きながら調理師免許、アイシングクッキーの資格を取得。

aacoさんの記事一覧 v-right