/ 2022.02.08

節分と言えば「恵方巻き」ですよね

節分と言えば恵方巻き。私の子どもの頃には関東ではそんな風習なかったと思います。売られているのも見たことなかったですが、20年くらい前からコンビニで売られ始めるとあっという間にお茶の間に定着したこの風習。数年前からは食品ロスにつながるなんて騒がれてますね。

そんな恵方巻き、今年の方位を向いて黙って食べるってのがあるらしいですね(私は最近知りました)。ちなみに妻は昔からあったようで、よく知っていました。

そんな恵方巻き、買うのもいいですがせっかくですからセルフで作ってみませんか?

恵方巻き、せっかくだから子どもたちと一緒に作ってみようという話になりました。向かったのは角上魚類。

本当、この角上魚類というお店は優秀で、対面販売もしてくれます。今回は、イナダ500円、アジ2匹500円、マグロ1000円。他のお店でサーモンとタイを購入。イナダとアジはアラももらってきました。きゅうりとのりを用意するだけ、酢飯には面倒なんでしませんでした。

ちょっとした手巻き寿司感覚で作れますよ

息子1作。息子1はマグロが大好きなのでマグロ、きゅうり、卵で

オリジナリティーあふれます

とか言いながら中身は似てるなぁ〜。

では、私も

最初の一回は恵方巻きにして食べました。あとはシェラカップに乗せて海鮮丼で私たちは刺身で一杯やりながら…。息子3はまだ刺身がおいしくないようで、卵ときゅうりを中心に食べていました。アラで出汁をとった漁師汁も最高でした。

お刺身が余ったので翌日は

イナダとアジの漬け丼〜。これもおいしいですよね。

とまあ、こんな感じで恵方巻きを楽しみすぎて豆まきを忘れたわが家でした…

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ふぢゴリさん 自分でできるなら自分でやる!やりたがりのおっさんです

8歳(男)、5歳(男)、3歳(男)。40代のおっさんですが、家族といろいろ遊ぶのが好きです。最近はキャンプにハマり、キャンプギアの自作にもチャレンジしてます。そこからレザークラフトを覚え、いろいろ作るのが大好きです。休日は調理担当。なんでも作ります。キャンプ飯も作ります!

ふぢゴリさんの記事一覧 v-right